甘酒は美容に効果的!その理由と飲み方について

甘酒は美容に効果的!その理由と飲み方について

甘酒を習慣として飲んでいる人は、それほどいないのではないでしょうか。しかし、実は甘酒はとても栄養価の高い飲み物です。その栄養素は美容に効果的なものも多いですし、体への栄養の吸収力も高いと言われています。

今回は、その栄養素と美容効果をご紹介します。美肌キープに利用してみてはいかがでしょうか。

 

美容におすすめなのは米麹の甘酒

甘酒には、酒粕から作られたものと米麹を原料としているものがあります。どちらも美容に効果的な栄養素は含まれますが、総合して美容のためにおすすめしたい甘酒は米麹の甘酒と言っても良いでしょう。

酒粕で作られた甘酒は甘みを砂糖でつけているだけでなく、アルコールが含まれるためほんのりとお酒の香りがします。米麹で作られる甘酒は、お米を発酵させたもの。多くの場合砂糖を使用せずに製造され、アルコールを含まないためお酒の香りもしません。ブドウ糖を含むことから「飲む点滴」と言われているのは米麹の甘酒です。

また、砂糖が加えられている酒粕の甘酒の糖分はショ糖。一方、米麹の甘酒に含まれるブドウ糖は血糖値を上げて食欲を抑える効果が期待できるため、上手に利用すればダイエットにも役立つとも言われています。

含まれる栄養素に共通するものはありますが、コウジ酸やオリゴ糖、食物繊維にビタミンなど、より美容に効果的な成分を含むのは米麹の甘酒と考えられます。

 

甘酒の栄養素が肌をキレイにする

甘酒にはビタミンB群が含まれ、粘膜や肌の調子を整えます。細胞の活性化にも役立つため、新陳代謝をアップし肌のターンオーバーを正常にすることも期待できるでしょう。

さらに、含まれるアミノ酸が肌の乾燥を防ぎ、肌トラブル防止に役立ちます。血行促進効果が見込め、肌の潤いやハリを与えると言われています。特に必須アミノ酸は体内で作ることができないため、食品から取り入れる必要がある重要な栄養素です。

また、米麹の甘酒に含まれるコウジ酸はメラニン色素の生成を抑える作用を持っているため、美白効果やくすみの改善が期待できるでしょう。

 

便秘の改善で美肌効果がさらにアップ

甘酒は便秘の改善に効果的と言われています。便秘の解消ができれば、美容効果が期待できるでしょう。

便秘は肌に悪影響を与えます。便秘が長く続けば有害物質が発生し、それが血液中に取り込まれ、毛穴などから排出する作業に追われて肌の代謝が低下します。そのため、肌荒れを起こしやすくなるのです。

また、血液中の老廃物が増え血流不足になるのも肌荒れの原因のひとつ。その便秘を解消できれば、肌荒れや吹き出物の予防と改善が見込めるでしょう。

甘酒には、食物繊維が含まれます。食物繊維は便秘の改善に効果的ですが、それだけで摂取するよりもさらに効果的にするには、オリゴ糖と共に摂ることと言われています。

米麹の甘酒にはそのオリゴ糖も含まれているため、より便秘の解消が期待できるでしょう。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり食物繊維は悪玉菌の減少に役立つので、腸内環境を整えるために役立ちます。

 

甘酒の飲み方

甘酒は、美容と健康に良い飲み物ですが、カロリーもそれなりにあるため、飲み過ぎればカロリーオーバーになる可能性があります。そのため、1日の摂取量は200mlを目安にしておくと良いでしょう。

甘酒のカロリーは100gで81キロカロリー。白いご飯100gが168キロカロリーですから、約半分のカロリー摂取になります。

一度にたくさん飲むのではなく、習慣として少しずつ飲むのがおすすめの飲み方でしょう。

 

まとめ

甘酒は美容にも健康にも良い飲み物です。特に美容については、すぐに効果が見られるわけではないため継続して飲むことをおすすめします。疲労回復や体調管理にも良いので、ぜひ習慣にしてみてください。