肌がきれいになる方法に運動が有効なワケと効果的な方法

肌がきれいになる方法に運動が有効なワケと効果的な方法

肌がきれいになる方法をいろいろ試してみても、それほど効果が見られないという人はいませんか?もしかしたらそれは、運動不足が原因ということも考えられます。

肌がきれいなことと運動とは関係ないと思う人もいるかも知れませんが、美肌にしたければ運動は必須ともいえるのです。

では運動が肌に与える効果とは、どのようなものでしょうか。

 血行促進で肌がきれいになる

肌がきれいになる方法としてよく言われるのは、血行促進。血液の循環が滞ると肌の生成がうまくいかなくなるため、古い角質が溜まりやすく乾燥や吹き出物が増えることがあります。これは、血液によって必要な栄養素を運ぶことができていないことで起こっている可能性があるのです。

運動が肌をきれいにするのは、体中の血行促進がされるのが理由のひとつ。血液の流れが良くなり栄養素が隅々まで運ばれれば、肌にハリやツヤを与えるコラーゲンなどの成分の生成も促進されると言われています。

肌の生成が促され生まれ変わりが正常に行われれば、肌のハリやツヤを保つことができるでしょう。

 汗をかくことで美肌に

運動で血行促進がされることで汗をかき、それが老廃物の排出になることも肌がきれいになる方法として注目したいところ。なぜなら、老廃物が体内に多く残っていると吹き出物ができやすくなると言われているからです。また、程よく汗をかくことで毛穴の詰まりや汚れが流され、肌がきれいになることも考えられるでしょう。

さらに、運動により毛穴が開き、皮脂の分泌も促されます。皮脂は肌トラブルの原因になりますが、肌を守る大切な役割も担っています。エアコンのきいた快適な室内にいることで体温の調節が必要なくなる現代では、通常であれば活発に開閉を繰り返す毛穴の機能が鈍くなりますが、運動でその機能を促進できれば適度な皮脂の分泌がされ肌の状態が良くなると考えられます。

 運動と成長ホルモンと肌の関係

肌がきれいになる方法として運動が効果的なのは、成長ホルモンの分泌を活発にする効果があるから。成長ホルモンは体の成長のために必要なホルモンですが、大人になってからも細胞の生成を促すために必要なもの。そのため「若返りホルモン」とも言われ、肌のターンオーバーを正常に促す作用があります。

この成長ホルモンは睡眠中にも分泌されますが、運動することでも分泌量を増やすことができます。その量は何もしない時の約数十倍とも言われ、健康的な肌作りに効果的と言われています。

年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーは遅くなりますが、運動することで活発にすることが可能なのです。

 肌がきれいになる方法としての運動とは

肌の状態を考えての運動ということなら、きつい運動を毎日する必要はありません。軽く汗をかく程度の運動を、週に2回程度でも効果的と言われています。

おすすめの運動は、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動。また、スローリフトと言われるゆっくりと止まることなく行うスクワットなども良いでしょう。1回に10分程度でも効果があると言われています。

注意したいのは、肌がきれいになる方法だからといって無理な運動をしてしまうこと。やり過ぎてしまえば心身ともにストレスがかかるだけでなく、活性酸素が多く発生し、老化を進める可能性があります。また、屋外の運動で紫外線の影響を受け、肌トラブルが起こることもあり得るでしょう。

肌がきれいになる方法としての運動は、適度なことが重要なのです。

 まとめ

肌がきれいになる方法を試してはみても、体を動かすことをしていなかった人は「運動」を取り入れることも考えてみてはいかがでしょう。

いくつになっても運動をする習慣のある人は、きれいな肌をしていることが多いと言われています。辛い運動をする必要はなく肌がきれいになるのなら、習慣として続けやすいと思いませんか?