冷え性が原因?肌と冷えの関係を知ろう

冷え性が原因?肌と冷えの関係を知ろう

冷え性は女性に多い悩みです。そしてそれは、体の様々な不調に関係している可能性があると言われています。寒い季節には特に冷えが気になる人は多いですが、同時に肌荒れも起こしやすくはないですか?それは冷え性も原因のひとつなのです。

美肌を目指しているけれど冷えも気になる、という人は、まずそこから改善していくと良いかもしれません。その理由と改善法をご紹介しましょう。

 冷え性で肌トラブルが起こるワケ

冷え性で肌トラブルが起こりやすいのは、血行不良が原因のひとつだからです。血液が体の中を巡るのには大きな役目があり、血行が悪いとその役割を果たすことができなくなります。

血液の中には食事などから摂取した栄養素や酸素が含まれ、それが肌の生成にも使われますが、冷え性の場合には体の末端まで血液が十分に送ることができずに肌の生成が滞り、肌のターンオーバーが乱れることがあるのです。また、肌の修復もうまくいかないため、炎症を起こしていても改善がなかなかできない場合もあるでしょう。

さらに、老廃物の回収や排出もうまくいかなくなることも新陳代謝が低下する原因。さらに肌のターンオーバーが乱れるため、シミやしわ、くすみだけでなく吹き出物などが起こりやすくなります。

 運動で冷え性を改善

冷え性を改善して美肌に促すには、体内の血流を促すことが大切ですが、そのためには運動が有効と言われています。なぜなら、血流不足に陥る原因のひとつに運動不足と筋力の低下が考えられるからです。

筋力が少ないと血液を送る力も低く、特に下半身は流れが悪くなりがち。一日のほとんどを座って過ごすデスクワークが基本の人は、特に注意が必要でしょう。

積極的に歩くことや適度な運動、またはストレッチなどを習慣にすると良いでしょう。運動そのものも肌をキレイにする効果があるため一石二鳥です。

厚着をして体を温めるよりも、体を動かすことで体内から熱を発するように促しましょう。

 食生活を改善して血行促進

冷え性は、食生活の乱れでも起こることがあります。血液中に老廃物が少ないと血液がサラサラの状態のため流れやすくなり、肌の状態も良くなる可能性がありますが、毎日の食事で脂質や炭水化物を多く取りすぎると血液の粘度が増し、流れにくくなることがあります。

食事の内容によって肌の状態が変わるのには、血流も関係しているのです。偏った食生活をできるだけ避け、野菜を積極的にとるように心がけると良いでしょう。

また、血流をよくする食べ物として生姜はおすすめです。含まれるジンゲロールという成分には血管を拡張させる作用があるため、血流が良くなり冷え性の改善に効果的でしょう。特に乾燥させた生姜は、一部のジンゲロールがショウガオールといわれる成分に変わり、体の芯から温めることが可能と言われています。

 入浴をしっかりとして体を温める

冷え性はできるだけ体の中から改善するのがおすすめですが、入浴で体を外から温めるのはおすすめです。体全体が温まり血流アップになるだけでなく、発汗を促すため、老廃物の排出にも効果的でしょう。

ストレスによる自律神経の乱れも血管を収縮させるため冷え性の原因になりますが、湯船にゆっくりと浸かりリラックスすることで自律神経のバランスが整うとも考えられるでしょう。

ただし、20分以上の長い時間お湯に浸かっていると肌の乾燥を招くこともあるため、注意しましょう。

ちなみに芸能人も愛用してる入浴剤がこちらで、タレントの上原多香子さんが使ってます。冷え性にも効果ありなのでおすすめです。

 まとめ

冷え性が原因で肌トラブルが起こっている場合、どんなに効果的な成分配合の化粧品を使ったとしても効果が得られない可能性があります。スキンケアをしっかりしているのにそれに見合った効果が得られない場合には、冷えが関係していないかを考えてみると良いでしょう。

冷え性を改善すると、その他の不調も起こしにくいと考えられますから、健康のためにも冷えない体作りを試してみてくださいね。