オメガ3脂肪酸の効果で細胞を活性化!きれいな毎日は体の中から

オメガ3脂肪酸の効果で細胞を活性化!きれいな毎日は体の中から

オメガ3とは、DHAやEPAなどの魚に含まれる油や、亜麻仁油などから摂取ができるα-リノレン酸などの総称。美容と健康にとても効果が高いと言われている成分です。

必須脂肪酸と言われ体で作ることができない成分のため、食べ物から摂取する必要があります。今回は、このオメガ3脂肪酸の美容効果と摂取法についてご紹介したいと思います。

 オメガ3脂肪酸で新陳代謝の促進

オメガ3脂肪酸は新陳代謝が促進され、肌の生成を促します。血管を柔軟にするため血行促進になり、体全体に栄養がしっかりと運ばれることで細胞の活性化がされます。

新しい細胞が滞ることなく作られることで肌のターンオーバーが促進され、ハリとツヤのある肌へと促すでしょう。さらに、肌内部の水分保持のために必要な「セラミド」の生成を促すとも言われているため、肌の潤いを保つ効果も期待できます。

血行の促進は、くすみの改善など肌の状態を良くするだけでなく、女性に多い冷え性の改善にも役立つでしょう。また、代謝がアップすれば脂肪の燃焼を促すため、ダイエット効果も見込めます。血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を抑える働きがあり、脂肪がたまりにくくなるとも言われています。

 アンチエイジング効果

女性ホルモンは、肌をキレイにしたり髪を艶やかにする作用がありますが、年々減少していくものでもあります。

オメガ3脂肪酸には、ホルモンのバランスを整える働きもあると言われ、女性ホルモンの減少を防ぐことが可能と言われています。肌にハリや潤いを与えるヒアルロン酸やコラーゲンの生成が活発になり、肌を老化させて見せるシワの軽減に効果的でしょう。

 オメガ3脂肪酸の抗炎症効果

オメガ3脂肪酸には抗炎症効果があるため、肌トラブルへの効果が期待できます。ニキビや肌荒れを起こしやすい人は、オメガ3脂肪酸の摂取を心がけるとトラブルが軽減される可能性があるでしょう。

予防するだけでなく、すでに起こっている肌のトラブルを緩和する働きもあると言われています。

 積極的にとりたい食材とは

オメガ3脂肪酸は、サプリメントなどで摂取するのも効果的ではありますが、やはり毎日の食事から摂るのが理想でしょう。

オメガ3脂肪酸の含まれる食べ物は、サバやブリなどの青魚が代表的ですが、それ以外にもクルミやアーモンドなどのナッツ類や亜麻仁油、インカインチオイル、またチアシードにも含まれるため注目を集めていますよね。

できる限り熱を加えずに摂取するのが効果的と言われているため、魚は生で、オイルはドレッシングに使用するのがおすすめです。または、亜麻仁油などを直接飲む方法でも良いでしょう。1日の摂取量はスプーン1杯です。

オメガ3脂肪酸は、体に良いとはいえ油です。そのため、摂取しすぎれば悪影響を及ぼす可能性があるため気を付けましょう。

 効果的にするにはオメガ6を控えること?

脂肪酸には、オメガ3だけでなくオメガ9やオメガ6も存在します。特に、オメガ6は食用油として広く使用されているベニバナ油などにあたり、摂取量が多い油。お菓子や菓子パンにも含まれ、摂りすぎている人も多いです。

オメガ6は必須脂肪酸ではあるものの、意識しなければ多く摂取してしまうため、オメガ3とのバランスが崩れがちになります。

しかしオメガ3脂肪酸の効果を十分に発揮させるには、双方をバランスよく摂ることが重要なのです。オメガ3とオメガ6は、1:1~1:4のバランスで摂取するのがベスト。普段の食事ではオメガ6を少し控えつつ、オメガ3の摂取を心がけると良いでしょう。

 まとめ

オメガ3脂肪酸の効果で体の中から健康な細胞を作ることができれば、肌も髪もみずみずしく、若々しい状態に保つことが可能でしょう。そのためには、食事全体のバランスを考えるのも大切です。

油は嫌煙されていたこともありますが、健康的は体に必要なもの。ただし、何を選ぶかによって体に与える影響は変化します。食生活を整えることは、効果の高い美肌対策と言っても良いかもしれませんね。