酵素洗顔の効果とは?使い方が重要なワケ

酵素洗顔の効果とは?使い方が重要なワケ

酵素洗顔は美肌に効果的と言われていますが、どのような作用でどう効果があるのかを知って使用することは大切です。酵素洗顔はその他の洗顔料とは少し違った作用がありますが、使い方には注意が必要です。

では酵素洗顔の特徴と効果、使う時の注意点とはどのようなことでしょうか。

 酵素洗顔とは

酵素は、タンパク質や脂肪を分解する働きを持っているものがあり、酵素洗顔に使用されています。そして人の皮膚はタンパク質であり、表面や毛穴には皮脂と言われる油が多く存在します。

そのため酵素洗顔の効果の大きなメリットというのは、皮膚の表面の古い角質や不必要な皮脂などの汚れをスッキリと、摩擦などを起こさずに取り除くこと。通常の洗顔では取りきれない汚れを取ることができるのです。

 酵素洗顔の角栓への作用

毛穴の黒ずみや角栓の詰まりは、多くの人が気になることでしょう。その角栓は古い角質と皮脂が混ざり合い毛穴で固まったものと言われていますが、通常の洗顔で取り除くことはなかなかできません。

古い角質と皮脂の2つを言い換えれば、タンパク質と脂肪です。そのため、酵素洗顔の作用で両方を分解することができれば、無理やり引き抜いたりすること無く角栓を取り除ける可能性があるのです。また、皮脂などが酸化して起こる黒ずみも予防できるでしょう。

主に、サンゴ酵素やリパーゼなどが酵素洗顔に使用される皮脂の分解に効果的な成分です。

 肌のターンオーバーを促し化粧水の浸透が良くなる

肌のターンオーバーが乱れると、不必要になった古い角質が肌の表面に残り、シミやくすみ、ニキビなどのトラブルが起こります。酵素洗顔で溜まった古い角質を取り除けば、ザラつきやくすみが改善されツルツルになるだけでなく肌のターンオーバーが促され、肌荒れやニキビの予防にも役立つと考えられます。

また酵素洗顔の効果で古い角質や毛穴の汚れを排除できれば、その後に行う化粧水や美容液の浸透が良くなり、更なる美肌の効果が期待できるでしょう。

パパイヤに含まれるパパイン酵素などは酵素洗顔に使用される酵素の代表とも言えますが、これは主にタンパク質分解する作用を持っています。

 酵素洗顔の使い方

酵素洗顔はパウダータイプが主ですが、これは水分と混ざりあうと活性化する酵素の作用を十分に発揮するためと言われています。ぬるま湯を加えてしっかりと泡立てから顔にのせましょう。

洗浄力が通常の石鹸などよりも強いと考えられるため、いつもよりもさらに優しく洗うことが大切です。決して擦ることなく、泡を肌にのせるだけというイメージで洗顔をしましょう。まずは角栓や黒ずみの多いTゾーンからのせ、小鼻の周りは優しく泡を転がすようにし、その後頬やこめかみへと伸ばしましょう。

酵素洗顔後の肌は余分な角質を排除し、薄くなっています。いつもの洗顔後よりデリケートと考えられるため、しっかりと丁寧に保湿をすることを忘れないようにしましょう。スキンケアの成分が浸透しやすいため、夜の洗顔に使用するのがおすすめです。

 酵素洗顔の注意点

酵素洗顔はキレイな肌を保つためにとても効果的です。しかし、酵素で排除できる角質には肌を外的刺激から守る重要な役割もあります。

酵素洗顔を使用しすぎると逆に肌荒れや紫外線の影響を受けやすくなり、敏感肌になったりトラブルが起こる可能性があるため、まずは一週間に一度程度の使用にとどめておき、肌の様子を見ながら少しずつ角栓や黒ずみの改善を行いましょう。

通常は角栓や毛穴の黒ずみが気になるTゾーンのみに使用するなどの工夫をしてみるのも良いかも知れませんね。

 まとめ

酵素洗顔は肌をキレイにする効果が見込めます。しかし、その高い効果が逆に肌に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。アレルギーの原因になる可能性もあるため、使用後の肌の状態をよく把握しながら使用するかどうかを見極めましょう。

使用頻度と正しい洗顔の仕方を確認し、上手に利用して美肌を目指してみてくださいね。